【デリヘルの達人】ヘルスプレイが始まったらキスから開始

世界共通の風俗と言ったらデリヘルであり、ほとんどの国でデリヘルを呼んで遊ぶことが出来ます。
日本はまさにデリヘル先進国とも言われていて、最高のサービスでデリヘル遊びをすることが出来るのです。女性が到着して、一服したところで、いきなりキスをするのもいいかもしれません。
デリヘルの女性というのは、基本的にキスをすることに抵抗を持っていないので、ディープキスで恋人気分を高めることが出来ます。
一般的なデリヘルというのは、素股や口を使ってフィニッシュとなり本番行為をすることは出来ません。
むしろ本番行為をすることの出来るデリヘルは違法行為なので絶対に利用をしないようにしてください。
デリヘルの女性とお風呂に入ったら、いよいよプレイスタートとなります。
デリヘルで、あなたがどのようなプレイを望んでいるのかを予め考えておき、それを伝えておくと良いでしょう。

 

デリヘルでのプレイの仕方として、「女性に攻めてもらう」ということが基本となります。
女性はいろいろなプレイをして、お客様を攻めてくれることとなりますが、まずは挨拶代わりにキスから始めるようにしましょう。

 



【デリヘルの達人】ヘルスプレイが始まったらキスから開始ブログ:2020-2-24

あたくしがまだ小さかった頃、
誕生日に親父が柴犬の子犬を買ってくれました。

フワフワのその子犬をあたくしはとても可愛がっていましたが、
ある日、リードを噛み切っていなくなってしまいました。

あたくしは毎日「帰ってきて」と祈りながら、
子犬の寝ていたダンボールの箱を見ていました。

しばらくして親父が
「もう帰ってこないだろう。片付けるぞ」と言いました。
あたくしはもう少し待ってくれるように頼みました。

そして子犬がいなくなって1ヶ月ほどたったある日、
あたくしが幼稚園から帰ると、ダンボールの中に子犬がいました。

片目の周りに赤いマジックでいたずら書きをされ、
足に怪我をして帰ってきたのです。
あたくしは泣きました。

うれしかったことと、
いったい誰がこんな酷いことをしたのかと思う悔しさとで、
少し大きくなった子犬を抱きしめて泣きました。

それから少しして、
子犬はだんだんご飯を食べなくなりました。

親父は「変だ」と言い、医者に連れて行き見てもらいましたが、
医者に「もう助からないよ」と言われました。
あたくしは泣きながら子犬を抱きかかえ、家に帰ってきました。

次の日の7時、子犬は動かなくなっていました。
あたくしは冷たくなった子犬を抱いて泣きつづけました。

親父はダンボールに子犬の好きだった物を入れ、
その中に子犬を寝かし、蓋をしました。

その日は幼稚園を休み、
親父と二人でダンボールを持って海に行きました。

茅ヶ崎の海は、鎌倉の海と違って波が荒々しくて、
あたくしはあまり好きではありません。

でも親父は「ここでないと子犬は帰れないよ」と言い、
海に子犬の寝ているダンボールを流しました。

あたくしと親父は、
子犬が波にゆられていくのをずっと見ていました。

ホーム サイトマップ